パソナJOB HUBとJAL、都市部の人材の複業を推進。タレントシェアサービス「JOB HUB TRAVEL」利用者の移動支援を開始。
2019.10.17

株式会社パソナJOB HUB(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森本 宏一、以下「パソナJOB HUB」)と、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)は、都市部で働く人材の複業を推進することを目的に協業を開始します。パソナJOB HUBが提供するタレントシェアサービス『JOB HUB TRAVEL』を利用する都市部の人材(JOB HUB TRAVELER)が、地方に移動する際の移動支援をJALが行ってまいります。
第一弾の取り組みとして、パソナJOB HUBが広島県・安芸高田市で行う地域企業と都市部の複業人材のマッチング支援事業※において、フィールドワークに参加する都市部の人材の移動支援を実施します。

※「複業で、ご縁むす部inあきたかた」…株式会社パソナが中小企業庁の『令和元年度地域中小企業人材確保支援等事業(中核人材確保スキーム:経営支援機関プラットフォーム)』の事務局を務めるみずほ情報総研株式会社から委託を受け実施。運営は株式会社パソナJOB HUB、安芸高田市地域人材育成コンソーシアム(あきたかたコンソ)と連携し事業を実施しています。

パソナJOB HUBでは、“旅するようにはたらく”をコンセプトに、都市部の人材(JOB HUB TRAVELER)と地方の中小企業のマッチングによる、フリーランス支援や複業支援、関係人口創出を実現するタレントシェアサービス『JOB HUB TRAVEL』を提供しています。

JALは航空輸送事業を通じて培ってきたノウハウやネットワークを活用し、「国内外からの交流人口拡大」や「物流の活性化」に関する取り組みを地域と共同で行うことで、地域の持続的な発展に貢献することを目指しております。

本取り組みを通じて、パソナJOB HUBが持つ「地方の企業と都市部の複業・副業人材のマッチングに関するノウハウ」と、JALが持つ「国内外の充実した航空ネットワークや高品質のサービス」を活かし、多様なアイディアや強みをもつ都市部の人材が気軽に、“旅するようにはたらく”ことができる環境を整えるともに、都市部の人材と地方の企業のマッチングの促進や関係人口拡大の実現を目指してまいります。

■協業概要
開始
10月18日(金)
対象
パソナJOB HUBが提供するタレントシェアサービス『JOB HUB TRAVEL』を利用する都市部の人材(JOB HUB TRAVELER)
内容
パソナJOB HUBが提供するタレントシェアサービス『JOB HUB TRAVEL』を利用する、都市部の人材(JOB HUB TRAVELER)が地方に移動する際の移動支援をJALが行う
プレスリリース
■第一弾の取り組み

広島県安芸高田市で行う地域企業と都市部複業人材のマッチング支援事業「複業で、ご縁むす部inあきたかた」における、フィールドワーク参加者への移動支援

事業概要
広島県安芸高田市を対象地域とし、地域中小企業と複業人材のマッチングにより、地域中小企業の経営課題解決やイノベーションの推進を目指すプロジェクト
目的
複業希望者のキャリア構築支援、広島県安芸高田市の中小企業などの人材活用支援
内容
①募集説明会(8月29日/東京、9月5日/広島にて実施済)
②チェックイン講座(9月20日/東京、9月24日/広島にて実施済)
安芸高田市の地域特性や企業、仕事内容について学び、エントリーシートの作成など複業活動を行うための準備を行う講座
③フィールドワーク(①10月18日~19日、②11月2日~3日)
複業人材の受け入れを検討している安芸高田市の企業を訪問し地域特性や企業課題、経営者の想いなどに触れることで、相互理解を深めるツアーイベント
※JALは当フィールドワーク参加者の東京~広島間の航空券手配・費用負担を行う
④チェックアウト講座(①11月19日/東京、②11月21日/広島にて実施)
チェックイン講座やフィールドワーク等で学んだことをもとに、自身のスキルや経験を活かして取り組みたいことを、企業への複業提案書にまとめていく講座
⑤マッチング
複業希望者から提出された複業提案書をもとに、地域企業とのマッチングから実務のスタートまでを事務局が支援

Webサイト

TOPページに戻る


TOP